TSUTAYAでどんどんCDが減っているような気がする

先日、久しぶりに家の近くにあるTSUTAYAに行って、CDを数枚借りてきました。
最近では、聞きたいなと思った曲はダウンロードで済ませてしまったり、そこまででもなければYouTubeを探したりすることが多いです。
私くらいの年齢の人であれば、よほどCDというプラットフォームが好きではない限り、CDを買う頻度はかなり減っているのではないでしょうか。
今回は、少し古いCDを探していたので、レンタルしようかなと思っていました。
しかし、CDを買わないだけではなく、レンタルする頻度というのも、年々少なくなっているような気がします。
そういった音楽の楽しみ方の変化もあってか、私のいつもいつも利用するTSUTAYAでは、だんだんとCDのレンタルコーナーが縮小されています。
今では、DVDやブルーレイとコミックのレンタルがかなりのスペースを締めるようになってしまいました。
昔は、何か掘り出し物がないかと、CDラックを隅から隅まで、飽きもせずに眺めていたものです。
でも、最近では隅から隅まで見てもそれほど時間がかからなくなったことし、少し寂しさを覚えたりします。ミュゼ 金額